ゲーム業界が債務不履行を起こした今、主たる投資選択の基準を見直す時期に来ています。この記事では、様々なカジノリゾート施設の投資収益率を実証的に分析してみました。気になる方は、ぜひ続きをご覧ください。

世界にある数多くのカジノは、レストランやホテルのほか、会議場、ショールーム、ゴルフコースなど、資本集約的で給与支払いが頻繁に必要となる施設を増設してきました。この戦略は概ね成功し、結果として、雇用、娯楽、観光収入を生み出し、地域社会に多大な貢献を果たし、活気に満ちた「カジノ・エンターテインメント複合施設」が誕生したのです。これにより、頻繁に賭け事を行うギャンブラーのみならず、娯楽を求める一般のより広い層にも顧客層が広がりました。

このようなカジノ・エンターテインメント複合施設の登場によって、既存の市場参加者に対して、カジノでの消費額を増やすよう促し、新たな顧客層を引き寄せて市場を拡大し、さらに遠方からの来客数を増大させることができるため、収入が増加します。計画をよく練れば、レストラン、ホテル、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアなどは全て収益源となる可能性があります。がしかし、多くは良くて損益分岐点ギリギリ、中には継続的に損失を出しているものもあります。これらの施設に投下された資本額は相当なものかもしれませんが、残念ながら、経済的リターンが低いこともあり得るのです。

このような新しいカジノ・エンターテインメント複合施設の評価は、新規収入の総額と当該施設の運営に基づく間接費増大という二つの観点から、そうした施設がカジノにもたらした新しい活動の量に基づいて行われるべきです。この経済的利点は、施設の建設に要した負債増との間でバランスをとる必要があります。

しばしば、意思決定過程において、追加収益と資本収益率という支出基準は、「我々はそれを求めており、かつ購入できる」または「ライバルが求めているので我々も求めている」という考え方に支配されているように見えます。後者の考え方は、キャッシュフローで賄われば、または、レバレッジが低ければ問題ありませんが、負債のレバレッジが大きすぎれば、仮に不況や競争激化等の不利な市場要因が発生した場合、金の卵(つまりカジノ)を危険にさらす可能性があります。わずかな追加収益を得るために、比較的大きな投資を行えば、不必要なリスクを生じるのです。

カジノ・エンターテインメント複合施設への投資を検討する意思決定者は、レンガ等の建設資材への投資は、カジノが得る投資収益率にはかなわないことを念頭に置きましょう。結果として、そうした施設への投資額を追加するたびにROIは減少します。負債を事業が持続可能なレベルに抑えて投資を行い、その結果、経済的に有益で市場シェアを守れるようなよく考えられた複合施設を実現するのが、慎重なビジネス戦略といえます。わずかな利益しかもたらさない、あるいは負債を一番多く生みだすような変更や施設への投資は、カジノの財務上のリスクを著しく高めてしまうでしょう。

この記事の冒頭に挙げたようなカジノは、カジノ収入や新収益を獲得しようとする試みが行き過ぎていたようです。上場企業は、投資家のために収益を最大化しなければなりませんが、持続可能性やリスクも重要な価値の一つです。カジノを経営するネイティブアメリカンの部族は、カジノ収益が政府や社会サービスに支払われたり、部族の人々に必要なお金をもたらしたりする可能性があるため、より保守的な企業戦略を追求すべきであることは確かでしょう。